泳いでみたい。。乳がんやけど。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳出血・・リハビリの止めどき?

<<   作成日時 : 2015/09/11 00:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

脳出血から10カ月が過ぎた。

倒れた翌日から始まったリハビリ。

左半身が、全く感じ無い動かない状態からのリハビリ。

今は、週に1回のリハビリを受けている。

伸ばしてもらっても、あくる日には縮んでいる筋肉。
それでも、その繰り返しと歩く練習やつかむ練習を積み重ねてここまで来た。

まだまだ膝から下の感覚はなく。
痛みや痺れに悩まされながら、まあまあ動ける日と、とんでもなく動きづらい日とがある。

腕の痺れは、深呼吸をして 「痺れていない!」と心で思うと不思議と
痺れがおさまる。
腕を動かすと又痺れるのだけど、その繰り返しで日に日に我慢の範囲内の痺れに変わってきている。

先生曰く、そういう風にコントロールできるようになってくる。のだそうた。

今月で、退院して半年なので、リハビリのタイムアウトらしい。
申し込めば、運が良ければ早いうちに始められるかも知れないが先生は変わるそうだ。

なんだかよくわからない決まりがたくさんあって、倒れて運び込まれた病院も、急性期の病院だからと1カ月と少しでリハビリ病院に有無を言わせず転院。

治るまでその先生にリハビリしてもらえると思い込んで一生懸命だった私のショックは、相当なものだった。

半身麻痺でトイレもままならなかった、あの時の私には、病院が変わるということは、すごいストレスだった。

そんなこんなも、なんとか前向きに越えてきた。

放り出されるのは不安だ。

反面、これから先をこのまま依存しながらリハビリを受けても、何も解決しないのかとも、思い始めている。

でも、、自分でマッサージしているとどうしても右手が疲れ果てる。

軽い筋トレをしても、夜には筋肉がカチコチになって、こむら返りになる。

足が棒みたいになって歩きにくくなる。

コントロールの方法を模索しながら、自分に一番良い方法を見つける為に、まだまだリハビリの先生の指導は、必要だ。

私の場合、6カ月の壁はさほど感じない。
毎日何かをつかむことができているからだ。
まだまだわからないことだらけなので、リハビリの先生の指導は、不可欠だ。

ただ、代行の時は良しとして、担当の先生が頻繁にに変わることは、私の脳にはとても負担だ。
脳から運動神経に信号を出すことに集中できない。


とか、いろいろ並べ立てても、決まりは決まりだと、ピシャリ。

うーん。これを乗り越えるのは至難の技だな。

しばし考え込むとしよう。

どど!!ごん!!
画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳出血・・リハビリの止めどき? 泳いでみたい。。乳がんやけど。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる